不眠症をスッキリ改善させる方法|内科に受診しグッスリ眠れる

doctor

不眠症を改善するには

不眠症の種類と原因

nurse

不眠症と一言でいってもいくつかの種類があります。まずは不眠症といったらまず思いつくのが「入眠障害」です。これはいわゆる「眠れない」というもので、布団に入ってもなかなか寝付けない状態を言います。他にも途中で目がさめる「中途覚醒」、熟睡できない「熟眠障害」、朝早く目覚めてしまう「早朝覚醒」も不眠症の一種です。 不眠症の原因としては、ストレス、病気等による痛みや痒みを原因とするもの、うつ病、アルコールやカフェインの摂取によるもの、時差ぼけや生活リズムによるものなど様々です。これらの要因によって、眠る際に優位になっているべき副交感神経よりも活発な活動を促す交感神経が優位になっていることから不眠へとつながってしまうのです。

どうすれば改善できるか

では、不眠症を改善するにはどうしたらよいのでしょうか。薬に頼る前にまずは自分で改善する努力をしてみましょう。 不眠症の改善に大切なのは、過度のアルコールを控えること、夕方以降のカフェインを控えること、毎朝同じ時間に起きるなどの生活リズムの改善です。アルコールの摂取は一見眠りやすくなるイメージがありますが、アルコールが身体から抜けて離脱症状になり睡眠を浅くする作用があります。そして、一番大切なのは生活リズムを整えることです。朝同じ時間に起きて朝日を浴び、過度な昼寝は控え、適度な運動をし、バランスのとれた食事を摂って、決まった時間に寝ること。これが体内時計を整え、不眠症を改善するのにつながります。 しかし、これだけでは改善できないストレスをかかえていたり、仕事などで生活リズムを改善することが難しいこともあります。そんな時な悩まずに早めに医師に相談しましょう。自分にあった解決策を提案してくれるはずです。

Copyright ©2015 不眠症をスッキリ改善させる方法|内科に受診しグッスリ眠れる All Rights Reserved.

This template downloaded from: freewebsitetemplates.com